スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by マイメロ*:..。o
 
[スポンサー広告
ゴールデンスランバー
ちょうど2週間ほど前、

DVC00283.jpg

この本読み終えました。


そしたら今日、テレビで映画が放送されました☆
なんていいタイミング。


内容は、突然首相殺しの犯人に仕立て上げられた男の
逃走劇ってとこですか?
大きな組織から逃げていく青柳と、青柳をとりまく人々のお話。

うま~~~く話がつながっていって、
スピード感たっぷりの一冊です。


映画キャストはさすがに豪華!
青柳君、私のイメージではもうちょっと若かったんだけど・・・
堺雅人さんの演技も好きなので、問題なし♪

森田君もイメージとは違ったけど、吉岡君、おっけおっけ!
ただ・・・森田君の「森の声が聞こえる」発言は封じたのね。
ま、早々に森田はいなくなってしまって、
回想シーンにしか出てこないから、
森の声のくだりは入れられなかったんだろうなぁ。
あのキャラが出てこなかったのはちょっと残念。

伊坂さんが描く、不思議キャラが好きなんで。
「チルドレン」の陣内とかねwww


他のキャスト、

劇団ひとり・竹内結子・香川照之・・・・

ほんと豪華だったなぁ・・・・・


そんな中、誰がぴったりのイメージだったか!

「キル男」こと、三浦です。

本ではけっこう童顔の小さいおじさん?的な感じで出てくるんだけど、
映画では濱田 岳くん。若者が演じてくれてよかった♪
連続殺人犯だけど、実は一番好きなキャラかも・・・
彼がいなかったら完全に逃げれてなかった~~~~

ま、全員の協力があってこその逃走ですけどね。

ほんっと、ほとんどの登場人物がちゃんと映画にも
出てきたので、嬉しかったです。


1番好きなシーンは、やっぱり車のエンジンをかけるトコですかね。
(ここでもキル男、大活躍)
あのメモに書かれた「だと思った」の一言。ううう・・・・・。


一切出てこなかったのは「セキュリティポッド」ですね。
これがないから、これに関する人も出てこなかったけど・・・
まぁ、なくても違和感ゼロでしたw


青柳さんの整形後のお顔・・・・
映画では出てこなかったけど、本では整形するときに
「とにかく地味に」みたいにお願いするんだよね。
どんな顔になっているんだろう?と思ったら・・
ホント地味なお顔になっちゃって。。。(滝藤さん、ごめんなさい)
というか、あの地味な演技をした滝藤賢一さん、すごいっすね!!!


読み終わった後も、映画を観終わった後も、
スッキリしたような、もやもやするような・・・
嬉しいような、悲しいような・・・
すっごい複雑。

やっぱりちょっと切なさが残るかな?

はい。もちろん、泣きました。

これ泣けます。。。


それにしてもテキトーな感想だな・・・・ごめんなさいよ。
映画もね、公開されたのずいぶん前なのにwww

今更・・・の感想日記でした☆
スポンサーサイト
Posted by マイメロ*:..。o
comment:0  
[
「チルドレン」読みました。



読みました。

すっごい盛り上がりがあるわけでもなく、
どんでん返しがあるわけでもなく、
この本を読んで衝撃がはしるわけでもありませんが、
なんとも心地のいいお話でした。

なによりも、登場人物が素敵です(*´▽`)
みんな素敵なのですが、やっぱり「陣内」という人でしょう。
彼の言う事やる事はすべてはちゃめちゃで、自己中心的というか、
自分勝手というか・・・。
でも、それのすべてに納得できてしまい、
なぜか彼の事が大好きになっちゃいます♪
周りのみんなも呆れたり困ったりしているけど、みんな彼の事が
大好きで、認めているのです。

一番心に残ったのは、
目が見えない友達が特別扱いされたのを知って、
「おまえだけずるい!!」「おまえのどこが特別なんだ!!」
って、本気で子供みたいに怒ったところ。
それが本気の本気で言ってるから素敵なのです。

短編集のようになってますが、すべてのお話が
繋がっています。いいお話です。
私は「チルドレンⅡ」が一番好きです♪
「イン」もよかったなぁ~~~~。

彼らの仲間になりたいな・・・って、思いました。
そして、「陣内」の歌声が聞きたいです(ノ∀`*)


にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村
↑応援クリックしていただけると嬉しいです♪

Posted by マイメロ*:..。o
comment:2  
[
本を読む「葉桜の季節に君を想うということ」
私は小説をよく読みます。
いや、「よく」ではないかも・・・・。
かならず寝る前に布団の中で読みます。
1冊読んでしまう時もあるし、2ページで寝てしまうことも。
パートを始めてからは朝が早いのでけっこうすぐ寝ちゃうかな?

OL時代は1時間かけて通勤していたので、
通勤電車の中でも読んでました。
ラッシュでギュウギュウでも片手で器用に読んだり♪
動けなくてページがめくれない時もあったけどね(笑)
本があれば何時間だって平気さっ。
あの頃は「宮部みゆき」さんが大好きでした。
あと「重松清」さんや「乃南アサ」さん・・・・
「司馬遼太郎」さんも大好きで・・・
外国の小説も読んだり。
いろんな本を読みました♪

最近は「東野圭吾」さん「伊坂幸太郎」さんをよく読みます。

きっと世の中には、私がはまっちゃう小説がい~~~っぱいあるんだろうね。
これからもおもしろい本にたくさん出会っていきたいなっ。

最近読んでいるのは「どんでん返し」ばっかり。
だから最後を知ってしまえばもう二度と読み返すことはないかも。
きっとからくりまでは忘れたりしないよね。

何度も読みたくなる本に出会いたいなぁ~~。
もう何冊かあるけどね。
でも年齢や価値観って生きていくうちに変わるじゃない?
だから何年も前に「感動した!これはまた読もう!」と思っても、
いざ再読してみると「・・・・あり?」って思ったりするのよね。
人によっても感覚が違うから、友達に勧めるときは気をつけないとなぁ~。


最近、歌野晶午さんの「葉桜の季節に君を想うということ」を読みました。

DSC_5614.jpg

題名はキレイですが、中身はミステリーです。
主人公がある人の死から、悪徳商法の調査をする一方で、
自殺しようとした女性を助け、その女性とのあれこれ・・・
眉間にしわよっちゃうシーンもありました。
そしてこれも最後にびっくり系なのです・・・

最後まで読めば「そういう事だったんだ~」と納得。
やっぱり最初から読み返したくなりました♪

ラストを読んで、タイトルの意味がわかります。
いいタイトルです。

「葉桜の~」の感想はこちら「more」へ。
100%ネタバレです。

 more...

Posted by マイメロ*:..。o
comment:4  
[
イニシエーションラブ
乾くるみさんのイニシエーションラブという本を読みました。

DSC_2930.jpg

「大どんでん返し」の本を読みたくて・・・・・

はい、まんまと騙されました。
最後の2行で「・・・・はぃ???」ってなった。
内容的には普通の恋愛小説で、そんなに深い話でもないんだけど、
とにかく最後に・・・あれだもんな。
途中、「なんかヘン」とは思ったりしたんだけど。
全然わかりませんでした~。完敗。
「面白いから読み返す」ではなくて、
「仕掛けが知りたいから読み返す」って感じかな。
あとから考えると、ヒントはいっぱいあったのにね。


楽しませていただきました


↓ネタバレOKの人だけ続きをごらんください。
  (しかもなぜか20世紀少年のネタバレもありますっ。お気をつけください。)

 more...

Posted by マイメロ*:..。o
comment:2  
[
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。