スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by マイメロ*:..。o
 
[スポンサー広告
鹿児島名物「あくまき」
5月4日のこと、ぽけ~っと「食いしん坊!万才」を見てた。
修造さんがすっごく不思議な食べ物を食べてた。
旦那っちと「なに?これ・・・・」「おいしいのかねぇ~」って
全く興味がない雰囲気で見てた。
そしたらその次の日、実家の食卓にそれが並んだ・・・・

「あくまき」 である。

すっごいびっくりしたぁ~~~!
鹿児島出身の、お義兄さんが持って来てくれました。
味の感想は↓で・・・

実家から2本もらって帰ってきたので、
昨日、ひとつ友達の家に持って行きました。
そしたら、お友達も食いしん坊!万才を見ていたらしく、びっくりしてた(笑)

DSC_3793.jpg
これね、粽(ちまき)の原型とも言われているんだって!
見た目はそうね、粽よね。

DSC_3795.jpg
でも開けるとこんな~~~!
まったく美味しくなさそうな・・・・(鹿児島のみなさん、ごめんなさいっ)

でも切ってきなこと黒蜜をかけると・・・・

DSC_3806.jpg
美味しそうじゃないですか!!!

って、美味しいんです
実家で食べた時、感動しちゃったんです+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+゚
っていうか味はほとんどなく、わらび餅みたいなかんじで、もっちもち♪


これは、鹿児島の郷土料理で、灰汁につけて作るんだって。
灰汁といっても、食品に含まれるあの灰汁じゃありません。
「植物の灰を水に溶かして上澄みをすくった液」なのです!
灰を使うから、ミネラルたっぷりらしいですヨ☆

Wikipediaで調べると、↓のような説明が。

「予め一晩ほど灰汁(あく)に漬けて置いたもち米を、

同じく灰汁に漬けておいた竹の皮などで包み、

麻糸や竹の皮から作った糸で縛り、灰汁で3時間~半日程度炊いたもの。

餅米が煮られることで吸水し膨張するが、

水は若干通すがもち米は通さず頑丈な竹の皮で包まれていることで、

餅米自らの膨張圧力で餅化する。」

なるほど~~~~!

しかも、端午の節句に食べる季節菓子らしい。
つまり、「食いしん坊!万才」の放送と、
お義兄さんが持ってきてくれた事、
それが5月5日に食卓に並んだ事は、偶然ではなくて、
必然的な事だったのでした

美味しかった!また来年、端午の節句で食べたいな(*´▽`)

☆:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:*:;;::;;:☆

にほんブログ村 主婦日記ブログ 30代主婦へ
にほんブログ村
↑ポチッと応援クリックお願いします♪
関連記事
Posted by マイメロ*:..。o
comment:0  
[美味しいもの
comment
comment posting














 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。